「ピンクリボン活動」を日本全国のフィールドスタッフと共に開始します。

「ピンクリボン活動」を日本全国のフィールドスタッフと共に開始します。

株式会社マックス(本社:東京都中央区新川、代表取締役社長:澤地哲夫)は、女性の健康を応援する社会貢献活動として、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さをお伝えする啓発活動「ピンクリボンキャンペーン」へ協賛することとなりましたので、お知らせいたします。 日本において、女性の約20人に1人がかかるといわれている乳がんですが、早期に発見すれば約95%と治癒率が高いことが知られています。定期的に検診を受けることでより高い治癒率が期待できると考えられますが、乳がん検診の受診率は近年の平均でおよそ14%*と極めて低い状態が続いています。
この現状を改善するために、弊社では、NPO法人J.POSH(乳がん啓発活動市民団体)に協賛し、全国の店頭で活躍するフィールドスタッフと共に「ピンクリボン活動」を行い、乳がんの正しい理解と早期発見の大切さをより多くの女性に周知してゆく啓蒙活動を進めてまいります。
関連サイト:http://www.j-posh.com/ofisharuitiran.htm
*「平成19年度地域保健・老人保健事業報告の概況(厚生労働省)」より

株式会社マックスとは?
店頭における販促企画や営業計画の具現化を行う「店頭マーチャンダイジング活動」を核に、店頭×販促×営業の支援を通じて、モノが売れる仕掛けづくりをサポートします。販売現場となる店頭で、売り手や買い手のインサイトを踏まえた企画の提案から、現場での具現化、効果検証まで一貫した販促支援系サービスをご提供いたしております。(自社サイト:http://www.macs-agcy.co.jp)

本件に関する問い合わせ先は下記までお願い致します。
窓口 澤地正人・加茂博  TEL: 03-3551-1030

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検知と薬の運搬にナノ物質を利用、米仏の2研究 »
« 伝子の働きコントロール がん治療実用に前進