作家の井上ひさしさん肺がん 経過は良好、新作執筆も

作家の井上ひさしさん肺がん 経過は良好、新作執筆も

作家で劇作家の井上ひさしさん(75)が肺がんで治療中であることが16日、分かった。経過は良好で、来年春には夏に上演する新作戯曲の執筆を始めたいという。

 井上さんの劇団こまつ座によると、10月末に肺がんと診断され、11月から抗がん剤投与を受けながら自宅で療養している。

 井上さんは日本芸術院の新会員に選出されたが、今月15日の伝達式を欠席した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


社告:生きる・小児がん征圧キャンペーン 永井龍雲さん、26日にライブ /東京 »
« アスベスト:肺がんで死亡した元社員の遺族、8500万円求めIHIを提訴 /神奈川