がん見逃し:日赤に4100万円賠償命令 名古屋地裁c

がん見逃し:日赤に4100万円賠償命令 名古屋地裁c

名古屋第二赤十字病院(名古屋市昭和区)に入院していた女性(当時66歳)が死亡したのは、病院側が検査で胆のうがんが見つかったのに告知や治療をしなかったためだとして、遺族が病院を運営する日本赤十字社に7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、名古屋地裁であった。永野圧彦裁判長は「女性が適切な治療を受けていれば、長く生存していた可能性が高い」などとして同社の責任を認め、約4100万円の支払いを命じた。

 判決によると、患者の女性は01年、同病院で胆のうの摘出手術を受けた際にがんが見つかったが、担当医師はがんに関する検査報告書の記載を見落として治療を終えた。女性が04年に他の病院で診察を受けた際に転移したがんが見つかり、女性は治療を受けたが08年5月に死亡した。

 日赤側は、仮に女性が手術などの治療を受けていてもがんが再発する可能性はあると主張していたが、永野裁判長は「一部の再発は回避できた」などと指摘。逸失利益や慰謝料などの支払いを命じた。

 日本赤十字社は「判決文を見ていないのでコメントできない」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


かながわ遊ナビ:みなとみらいで、がんの公開講座--来月16日 /神奈川 »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/36 予防に重要な食育