「がん再発回避できた」日赤に4千万賠償命令

「がん再発回避できた」日赤に4千万賠償命令

 胆のうがんが再発、転移して女性(当時66歳)が死亡したのは、医師が検査結果を告知しなかったためとして、名古屋市港区の女性の長男が、日本赤十字社(東京都港区)に、約7000万円の賠償を求めた訴訟の判決が16日、名古屋地裁であった。

 永野圧彦裁判長は「告知と再手術が行われれば、再発を回避できた可能性は十分ある」と述べ、日本赤十字社に約4000万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は胆石の治療のため、2001年2月に、名古屋第二赤十字病院で胆のうを摘出した。医師は病理検査を行ったが、「胆のうがん」とする検査報告書を確認せず、女性にも見せなかった。女性は04年11月に別の病院で胆管などに再発が確認され、切除手術を受けたが08年5月に死亡した。

 判決は、「告知が行われていれば、進行していないもっと早い時点で再手術を実施できた。医師の注意義務違反が無ければ、より長く生存した可能性がある」と指摘し、治療費や逸失利益、慰謝料などの支払いを命じた。

 日本赤十字社の話「判決文を見ていないのでコメントできない」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


日赤に4千万円賠償命令 名古屋地裁「がん再発回避可能」 »
« 【中医協】がん対策、評価充実の方向で一致