がん確認せず再発、死亡 日赤に4千万円支払い命令

がん確認せず再発、死亡 日赤に4千万円支払い命令

摘出した胆嚢(たんのう)からがんが見つかったのに、医師が検査結果を告知しなかったため再発・転移し死亡したとして、名古屋市の女性の遺族が日本赤十字社(東京都港区)に7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、名古屋地裁であった。永野圧彦裁判長は「再手術していれば、がん再発を回避できた可能性は十分ある」と述べ、日赤に約4千万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は2001年2月、名古屋第二赤十字病院(名古屋市昭和区)で胆石治療のため胆嚢摘出手術を受けた。病理検査でがんが見つかったが、担当医は検査報告書を確認せず「経過良好」として治療を中止した。女性は3年後にがんの再発・転移が見つかり、昨年5月に66歳で死亡した。

 判決は「胆嚢摘出時にがんが周囲に進展していたとしても、肝臓の一部やリンパ節を切除する再手術をしていれば再発は回避できた」とした。日赤は「判決文を見ていないのでコメントできない」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


梅の効能「胃がん予防と血糖値上昇抑制」 和歌山で研究 »
« がん患者句集見ず逝く