「中皮腫はマンションの石綿が原因」遺族らが販売の大丸などを提訴

「中皮腫はマンションの石綿が原因」遺族らが販売の大丸などを提訴

妻(当時67歳)が中皮腫で死亡したのは、マンション自室内のボイラー室に吹き付けられたアスベスト(石綿)が原因として、神戸市の坂元正裕さん(74)ら遺族3人が18日、マンションを販売した百貨店「大丸」(大阪市)などに、総額約9000万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。原告側弁護士は「似た構造のマンションはほかにもある可能性があり、注意が必要」としている。

 訴状によると、坂元さん一家が1977年に購入したマンションは、台所そばにアスベストを吹き付けたボイラー室がある。妻は日に数回、ボイラー室の扉を開けてガスの元栓を操作するなどしていたといい、2006年に死亡した。

 坂元さんは「妻はアスベストを扱う仕事に従事したことはなく、原因はボイラー室しか考えられない」として、ボイラーを製造した「川崎重工業」(神戸市)にも賠償を求めている。

 大丸の持ち株会社のJ・フロントリテイリングと川重は「訴状が届いておらず、コメントは差し控えたい」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


患者さんのためになる「がん治療認定医」 »
« がん患者ら交流を 旭川厚生病院、サロン開設