がん体験をデータベース化 21日ネット開設

がん体験をデータベース化 21日ネット開設

がんの体験者による「語り」をデータベース化し、映像や音声、文章で提供するウェブサイトが21日、開設された。患者や家族らに役立ててもらうとともに、医療関係者の教育に活用することも狙っている。

 ウェブサイトをつくったのは特定非営利活動法人(NPO法人)「健康と病いの語り ディペックス・ジャパン」(別府宏圀理事長)。2007年から厚生労働省の研究費で、乳がんと前立腺がんの体験者50人ずつをインタビューし、データベース化を進めてきた。

 公開されたのは20~70代の乳がん体験者43人のデータベース。語りは「異常の発見」「乳房温存術」「病気と仕事のかかわり」など26の項目に分割、整理されている。

 がんと診断された年齢別にもまとめられており、必要な情報を、項目からも年齢からも探せる仕組み。1項目の語りは1~4分で、映像を見ながら聞けるだけでなく、文章で読むこともできる。

 問い合わせは電話050(3459)2059。ウェブサイトはhttp://www.dipex-j.org

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん体験をデータベース化 21日ネット開設 »
« 子宮頸がん予防ワクチン、22日発売