【健康】がん患者 心身の痛みケアします

【健康】がん患者 心身の痛みケアします

 ■前向きに、自分らしさ取り戻す

 がん患者の多くは、さまざまな痛みを抱えている。がん部位の痛み、手術後の痛み、病気への不安や死に対する恐怖といった心の痛み。こうした心身の痛みについて、治療の早期段階から取り除く「緩和ケア」に取り組む医療機関が増えている。目指すのは、痛みを緩和し「QOL(生活の質)を上げる」ことだ。(岸本佳子)

 ◆一緒に頑張りましょう

 大阪府立成人病センター(大阪市東成区)の心療・緩和科。主任部長の柏木雄次郎さんのもとへ、院内の医師から「患者さんが落ち込んでいるので話を聞いてほしい」と連絡が入った。肺がんの疑いが強く、厳しい治療が予想されるが、確定診断を前にショック状態という。柏木さんは「少し辛(つら)いこともあるかもしれないけれど、一緒に頑張りましょう」と声をかけた。何度も面談し安定剤などを出し、患者は最近、少し落ち着きを取り戻した。

 心療・緩和科では、柏木さんを含め精神科医ら3人の医師が外来患者に投薬などで身体の苦痛を取り除く治療と同時に、適応障害(鬱(うつ)反応)や不安障害など心のケアを担う。だが、緩和ケアの重要性は浸透しておらず、我慢の限界で受診するケースも少なくない。「そうなると医療用麻薬を大量に投与する必要があったり、効かなかったりすることもある。メンタル面でも自殺を考えるほど思い詰めてからの受診ではなかなか大変」(柏木さん)
 特にがんの痛みは複雑だ。「なぜ自分だけがこんな苦しみを受けるのか」など根源的な苦悩やさまざまな心の痛みが、体の痛みとして症状に出ることもある。「痛みといっても、いろいろな要因が絡み合っていることが多い。それらをトータルでみることが効果的」と話すのは、同センターがん看護専門看護師、田口賀子さん。「痛みを我慢しないで」と伝えると、「痛いと言ってもいいんですね」と逆に驚かれることもある。「痛みを取ることで、他のいろんなことができるようになる。生活の質を上げたい」と田口さんは話す。

 ◆主治医が一貫して責任

 主治医が一貫して患者に責任を持つ方針を徹底させ、患者の不安の軽減を試みる病院もある。北野病院(北区)もその一つ。がん治療の高度化で、1人の主治医が診るだけでなく、外科、腫瘍(しゅよう)内科、放射線科、場合によっては他の病院と役割分担が進んだ。

 しかし、同病院副院長・消化器センター長の尾崎信弘さんは「逆に患者が『たらい回しにされているのではないか』と不安を感じるケースも出てきた」と指摘する。「本来当たり前のことではあるが、主治医が一貫して責任を持つことで患者の不安を取り除き、痛みの流れを知る主治医が適切にコントロールすることもできる」と期待している。
 患者の身体的、精神的な痛みを取り除き、自分らしい生活を送り、前向きに生きることを目指す治療。終末期の治療ととらえられがちだが、WHO(世界保健機関)も2002年に「疾患の早期より」痛みなどを予防、対処すると定義付けている。国のがん対策推進基本計画においては重点課題の一つに掲げられており、医師に対する緩和ケア研修などの取り組みが進んでいる

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン 「ごえんなこんさぁと」収益、竹下景子さんが寄託 »
« 亀人形がん不安軽く 鯖江の水引細工職人配