チャリティーコンサート:小児がん専門施設建設を支援 出演の近藤さんが来日 /大◇近藤真理子さん、「夢の病院」早く実現を 家族で過ごせることが大事、めいの闘病見て痛感

チャリティーコンサート:小児がん専門施設建設を支援 出演の近藤さんが来日 /大◇近藤真理子さん、「夢の病院」早く実現を 家族で過ごせることが大事、めいの闘病見て痛感

◇近藤真理子さん、「夢の病院」早く実現を 家族で過ごせることが大事、めいの闘病見て痛感
 ◇25日・神戸、26日・茨木
 神戸市と茨木市で25、26日に開かれる小児がん治療専門施設の建設支援チャリティーコンサート(毎日新聞社など後援)に出演する英国在住ピアニスト、近藤真理子さん(35)が来日した。血液の病気で闘病生活を送っていためいを見舞った時、家族で過ごせる「夢の病院」の必要性を感じたといい「早く実現できるよう、力になりたい」と話した。【青木絵美】

 近藤さんのめいは、2年ほど前、血液の病気が分かり入院。見舞いで病院を訪ねると、最新の医療設備が整う一方、長期の入院生活に連日付き添う母親には、食事の配慮やベッドの用意もなかった。めいは骨髄移植の手術を受けて回復し、今は元気に幼稚園に通っている。

 小児がん患者の家族や医師などで作るNPO法人「チャイルド・ケモ・ハウス」(茨木市)は、患者の家族が一緒に泊まれる家のような病院の建設を茨木市内で計画中。近藤さんは「たとえがんになっても、大切な家族と一日一日を楽しく過ごせることが一番大切」と計画に強く共感。コンサートの出演依頼を快諾した。

 バイオリニストのバリント・セーケイさん(32)との共演で、シューベルトやブラームス、バルトークなどの名曲を演奏する。セーケイさんは「クリスマスのすてきな季節。演奏者から、皆さんが楽しめる曲をプレゼントしたい。そして皆さんからも、がんの子どもたちへプレゼントを届けて」と話した。

 収益は、施設建設費に充てられる。25日は甲南女子大芦原講堂(神戸市東灘区)で。問い合わせは同大対外協力センター(078・413・3811)。26日は茨木市立生涯学習センターで。問い合わせはチャイルド・ケモ・ハウス(080・6148・1108)へ。いずれも午後3時開演。一般3000円、学生1500円。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「生欲わいた」アラーキー、がんと向き合い「遺作」出版 »
« 骨肉腫と闘う:/20 「吐き気がつらい」…=社会部・佐々木雅彦 /大