ピンクリボン運動推進へ 2スキー場がキャラでシンボルマーク

ピンクリボン運動推進へ 2スキー場がキャラでシンボルマーク

【那須塩原】湯本塩原の「ハンターマウンテン塩原」と群馬県沼田市の「たんばらスキーパーク」の両スキー場は今季から合同で、乳がんの早期発見・早期治療を呼び掛けるピンクリボン運動に取り組む。両スキー場は運動推進のシンボルマークを作製した。

 シンボルマークは両スキー場の公式キャラクター「ハンタマくん」と「たんばりん」がともにピンクリボンを掲げている。

 両スキー場ともレディースデーなどにリフト券を購入した女性客に、シンボルマークのピンバッジをプレゼントする。ピンバッジプレゼントはハンターマウンテンが12月25日、1月22日、2月26日、3月26日。たんばらが1月18~22日。

 スキー場利用者の半数は女性。女性にいつまでも健康で快適に楽しんでもらうため、ピンクリボン運動に取り組むことになった。両スキー場は売り上げの一部を乳がん対策に取り組む団体に寄付する。

 問い合わせはハンターマウンテン塩

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


新しい肺がん治療薬の可能性、米研究報告 »
« がん治療、患者が要望を 松山で医師が講演