三喜トラベルサービス、「頭頚部癌総合シンポジウム&頭頚部癌研究施設視察ツアー」を販売開始

三喜トラベルサービス、「頭頚部癌総合シンポジウム&頭頚部癌研究施設視察ツアー」を販売開始

近畿日本ツーリスト(以下、KNT)のグループ会社で、海外の医学・薬学関係の国際会議の出席旅行などを手がける、三喜トラベルサービス(以下、三喜ICIC)は、「頭頚部癌総合シンポジウム&頭頚部癌研究施設視察ツアー」の販売を開始した。

 同ツアーの特徴は、学会出席(MULTIDISCIPLINARY HEAD&NECK CANCER SYMPOSIUM 2010)とあわせ、アリゾナ州政府全面協力のもと、州の高度頭頚部癌の研究機関に訪問することとなっている。

 ツアーのポイントは、最先端の頭頚部癌研究施設内の視察、および研究者との質疑応答が、州政府の全面協力を得て初めて可能になったとのこと。視察ツアーは、同州で行なわれる頭頚部癌学会の開催期間にあわせているため、移動にとられる時間が少なく、ツアー参加者は、学会参加と視察を効率的におこなうことができるという。州政府の協力によって視察や通訳の費用を大幅に抑えることができ、ツアー参加者の旅費負担を抑えたとのこと。

[ツアー概要]
旅行期間:2010年2月24日(水)から3月1日(月) 4泊6日(成田発着)
利用航空会社:日本航空
宿泊予定先:チャンドラー Sheraton Wild Horse Pass Resort and Spa(学会会場)
食事条件:朝0回、昼0回、夕0回
旅行代金:(1)21万9000円(2人一室利用の場合)、(2)27万8000円(1人一室利用の場合)
※会議登録費はツアー代金には含まれていない。

三喜トラベルサービス=http://www.icic.co.jp/
近畿日本ツーリスト=http://www.knt.co.jp/

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


三喜トラベルサービス、米国の頭頚部癌の学会出席と研究機関視察ツアー設定 »
« 抗がん剤「包括評価対象外」か否か検討継続