抗がん剤「包括評価対象外」か否か検討継続

抗がん剤「包括評価対象外」か否か検討継続

中央社会保険医療協議会(中医協)のDPC評価分科会(分科会長=西岡清・横浜市立みなと赤十字病院長)は12月24日、DPCにおける包括範囲の見直しをめぐり議論した。抗がん剤を包括評価対象外とするかどうかについて、「短絡的に『外出し(包括外)にしてしまえ』というほど簡単な問題ではない」と指摘する声が上がる一方、「外出しにするしかない」との意見もあった。分科会では、がん専門病院の化学療法の専門医からのヒアリングの実施を検討するなど議論を継続することとし、年明けに開かれる診療報酬基本問題小委員会に報告する

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


三喜トラベルサービス、「頭頚部癌総合シンポジウム&頭頚部癌研究施設視察ツアー」を販売開始 »
« がんを生きる:4カ所に病巣抱える現役美容師 大好きな仕事、最期まで