中国…3分に1人が胃がんで死亡

中国…3分に1人が胃がんで死亡

 23日、中国抗がん協会の理事梁寒教授は、大陸では毎年新たに胃がんを発症する患者が40万人おり、平均すると3分に1人が胃がんで死亡していると述べた。

  梁教授によるとここ5年間で、19歳から35歳までの若い年代の胃がん発症率が、30年前の倍になっているという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン イブの病院、子らに歌の贈り物--森山良子さん »
« 新日鉄室蘭病院がストーマ外来を来月7日から開設