乳がん予防、酒控えめに 厚労省研究班、5万人調査

乳がん予防、酒控えめに 厚労省研究班、5万人調査

週にビール大瓶7本に相当する量を超える酒を飲む女性が乳がんになるリスクは、全く飲んだことがない女性の1・75倍との調査結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が25日、発表した。

 欧米で報告されていた飲酒と乳がんのリスクの関係を、日本人でも裏付ける結果。担当した岩崎基・国立がんセンター予防研究部室長は「飲みすぎないよう注意することが、一つの予防手段になることが示された」と話している。

 研究班は、岩手、秋田など9府県の40~69歳の女性約5万人を平均13年間追跡。喫煙や閉経年齢など飲酒以外の要因を除き、飲酒量と乳がん発生率の関係を調べた。毎日ビール大瓶1本を飲んだ場合の1週間のエタノール量(150グラム)を目安にした。

 その結果、150グラム超飲む人のリスクは飲んだことがない人の1・75倍だった。それ以下の量では、差はほとんどなかった

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


新日鉄室蘭病院がストーマ外来を来月7日から開設 »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 元「ふきのとう」の細坪基佳さん、新春コンサート