原爆症訴訟解決に3億円計上 乳がんの検診助成費も

原爆症訴訟解決に3億円計上 乳がんの検診助成費も

25日閣議決定した2010年度政府予算案に、原爆症認定をめぐる集団訴訟の敗訴原告を救済するための基金に拠出する補助金として、3億円が盛り込まれた。集団訴訟の全面解決に向けた基金創設法は12月1日に成立、来年4月1日に施行される。

 また、原爆症と認定された被爆者に支給される医療特別手当(月額約13万7千円)は175億円を計上した。6月に認定基準を改定したことに伴い、10年度の新規認定者が約3600人と見込まれるため、09年度比で52億円の大幅増となった。これらを含めた被爆者援護予算の総額は計1550億円。

 一方、がん対策では、検診受診率が低いとされる女性特有の子宮頸がんや乳がんについて、特定の年齢の女性に対し検診料の自己負担を免除するため76億円を新たに計上した

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん:発症率、飲酒量増せばアップ 厚労省、女性に警鐘 »
« 今江 小児がん患者支援!1打点で1万円寄付