「デノボがん」マウスを開発=発症の解明に期待-中部大など

「デノボがん」マウスを開発=発症の解明に期待-中部大など

正常な細胞が突然、悪性腫瘍(しゅよう)になる「デノボがん」を自然発症するマウスの開発に、中部大や名古屋大などの共同研究グループが30日までに、世界で初めて成功した。研究が遅れているデノボがんの発症メカニズムの解明につながると期待される。論文は近く、米科学誌「キャンサーリサーチ」(電子版)に掲載される。
 がんの発症には、正常細胞から良性腫瘍などの段階を経て悪性腫瘍に至る「多段階発がん」と、正常細胞がいきなり悪性腫瘍になるデノボがんの2通りがある。デノボがんは早期発見が難しい上、転移率も高く、死亡率が高いとされる。
 中部大の加藤昌志教授らは、皮膚がんの一種「メラノーマ」を対象に研究。既に開発に成功している多段階発がんのモデルマウスを使い、良性腫瘍がメラノーマに進行する過程で細胞内の分子「エンドセリン受容体B」が減少していることを発見。マウスの遺伝子改変で、この分子の発現を半減させたところ、約4割の確率でデノボがんが発症したという

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


皮膚がん発症の新マウス作成 中部大が世界初 »
« 緩和ケア病棟を新設 県立多治見病院、末期がん患者ら対象に