アイルランドのレニハン財務相:がん治療中も業務遂行

アイルランドのレニハン財務相:がん治療中も業務遂行

1月4日(ブルームバーグ):アイルランドのレニハン財務相(50)は4日、がん治療を受けながらも、同国の経済・銀行危機への取り組みを継続する意向を表明した。

  財務相は財務省を通じた声明で、クリスマス休暇前に受けた診断で見つかった膵臓(すいぞう)入り口を閉塞する部分のがん細胞に対し、化学療法と放射線治療を受けることを明らかにした。

  レニハン財務相はダブリンのラジオ局RTEに対し、「これは腫瘍(しゅよう)だ。気をそらすものだが、自らの仕事に完全に注力する」と語った。

翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori hfujimori@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro記事に関する記者への問い合わせ先:Louisa Fahy at lnesbitt@bloomberg.net

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がん対策」予算は79億円増の316億円 »
« 40代の乳がん検診は?