小沢征爾さん食道がん、治療専念で公演中止

小沢征爾さん食道がん、治療専念で公演中止

ウィーン国立歌劇場音楽監督を務める指揮者の小沢征爾さん(74)に初期の食道がんが見つかった。

 所属事務所が7日、明らかにした。

 小沢さんは治療に専念するため、今月15日から6月まで、ウィーンや日本国内での約30公演をキャンセルすることになった。2002年に同歌劇場音楽監督に就任、6月までが任期となる。小沢さんは7日午後、東京都内で記者会見して詳細を説明する。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県陽子線がんセンター建設大詰め 来年3月治療開始へ »
« 野菜・果物の摂取量と前立腺がんリスクに関連なし