小沢征爾さん、がん治療へ 6月までの公演キャンセル

小沢征爾さん、がん治療へ 6月までの公演キャンセル

ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務める世界的指揮者の小沢征爾さん(74)が食道がんであることが分かり、治療に専念するため、同歌劇場の引退公演を含む6月までの全公演の指揮をキャンセルする。小沢さんの事務所が7日、明らかにした。

 小沢さんは同日夕、主治医とともに東京都内で記者会見し、病状などについて詳しく説明する。

 事務所によると、小沢さんが昨年末に受けた定期健診で食道がんが見つかった。がんは初期で、手術をする予定。

 小沢さんは2002年に日本人として初めてウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任。国内では「小沢征爾音楽塾」を開いて若手音楽家の育成に力を入れるほか、1992年から毎年、長野県松本市で総監督として国際的な音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」を開催している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ノブ・ハヤシ骨髄性白血病再発、7日入院 »
« 小沢征爾さん、がん治療へ