「非常に早期の食道がん」=小澤征爾さんが医師と共に会見

「非常に早期の食道がん」=小澤征爾さんが医師と共に会見

食道がんで半年間の活動休止を明らかにした指揮者の小澤征爾さんは7日、東京都内で主治医と共に記者会見した。がんは粘膜表面の浅い所にある小さな、非常に早期のもので、現在行っている検査の結果を待って治療方法を決めるという。
 小澤さんは「仲間やお客さんに迷惑を掛け、申し訳ないと思う。何とか半年以内に戻ってきたい」と話した。現在の状態については「自覚症状は全然ありません」。毎年受けている人間ドックがなければ分からなかったとして、「皆さんにも、ぜひお勧めします」と何度も繰り返していた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県在宅緩和ケア支援センター:療養中でも食べやすく パンフでメニューを紹介 /石川 »
« がん告白小沢さん「サイトウ・キネンには戻る」