がん告白小沢さん「サイトウ・キネンには戻る」

がん告白小沢さん「サイトウ・キネンには戻る」

世界的指揮者の小沢征爾さん(74)が7日、東京都内で記者会見を開き、初期の食道がんが見つかったと告白した。

 6月まで半年間、活動を休止し、国内外の約30公演をキャンセルして治療に専念する。

 会見は、聖路加国際病院(東京都中央区)の主治医の岡田正人医師が同席。岡田医師は、「粘膜表面の浅いがん。年齢を考えて長めの休養を勧めた」と説明した。

 小沢さんは、日本人で初めて2002年にウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任。任期を終える6月末までに計9回オペラのタクトをとる予定だったことについては、「まったく残念」と無念さを隠せない様子。

 国内でも水戸室内管弦楽団などとの公演を予定していただけに、「お客さんや仲間に申し訳ない。ご迷惑をおかけしますが、半年よりもっと早く帰ってこれると思う。(8~9月に長野県松本市で開催される)サイトウ・キネン・フェスティバルには必ず良くなって戻る」と力強く語った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「非常に早期の食道がん」=小澤征爾さんが医師と共に会見 »
« 小沢征爾さん食道がん公表、復帰誓う