ES細胞:分化の仕組み解明 がん抑制遺伝子が「スイッチ」--岐阜大グループ

ES細胞:分化の仕組み解明 がん抑制遺伝子が「スイッチ」--岐阜大グループ

胚(はい)性幹細胞(ES細胞)が体のさまざまな組織になり始める際、「Rest」と呼ばれるがん抑制遺伝子がスイッチのような役目を果たし、分化を促進していることがマウスを使った実験で分かった。岐阜大大学院医学系研究科の山田泰広准教授(腫瘍(しゅよう)病理学)らの研究グループが解明し、7日(現地時間)発行の米科学誌「セル・ステムセル」に発表した。

 研究グループは、幹細胞の神経系への分化を抑制することが既に知られていたRestの働きに着目。Restを意図的に壊して観察し、ES細胞の初期分化にかかわる遺伝子を持つ細胞の数が減ることを突き止めた。Restを強制的に働かせると、対照的にこの細胞が増えたという。

 Restは人工多能性幹細胞(iPS細胞)でも同様の働きをしているとみられ、山田准教授は「ES細胞やiPS細胞の効率的な分化方法の開発に役立つことが期待される」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小沢征爾さん食道がん公表、復帰誓う »
« テラは「樹状細胞」を使った免疫療法の高抑制を材料に続伸