岐阜大など、がん抑制のRestが分化の始まりに関与することを解明

岐阜大など、がん抑制のRestが分化の始まりに関与することを解明

岐阜大学の山田泰広准教授と京都大学などの研究グループは、がん抑制遺伝子であるRest遺伝子がマウスES細胞(胚<はい>性幹細胞)の分化のきっかけをつくる一方で、未分化状態の維持には必要でないことを突き止めた。ES細胞やiPS細胞(万能細胞)の分化誘導法の開発につながる可能性がある。8日付の米科学誌セル・ステム・セルに発表する。
 RestをめぐってはES細胞の未分化状態の維持にかかわるとの説と関与していないとする説があり、議論が分かれていた。今回の成果では新たに、Restが分化の始まりに関与することを示した。
 Restの働きを壊したマウスES細胞は、通常のマウスES細胞と比べ形や増え方に違いがみられず、未分化状態に関連する遺伝子の発現にも変化はなかった。これをマウスの皮下組織に注入すると3種類の胚葉(はいよう)に分化した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


テラは「樹状細胞」を使った免疫療法の高抑制を材料に続伸 »
« 小澤征爾さん食道がん「半年以内に戻ってくる」