小澤征爾さん食道がん「半年以内に戻ってくる」

小澤征爾さん食道がん「半年以内に戻ってくる」

世界的指揮者の小澤征爾さん(74)が7日、主治医を伴って会見を開き、食道がんであることを公表した。昨年末に受けた人間ドックで早期の食道がんが見つかったという。今後は治療に専念し、今月15日から6月いっぱいまで、音楽監督を務めているウィーン国立歌劇場や日本での公演をすべてキャンセルする。「仲間やお客さんに迷惑をかけて申し訳ない」と言い、「半年なんて絶対、かからない」と早期復帰を誓った。

 食道がんを患っているとは思えないほど元気な様子で、ハキハキとした口調だった小澤さん。自分の身に降りかかった病魔を、まるで他人事のように「昔、(黒澤明監督の映画)『生きる』を見たときは『がんは大変な病気だ』と思ったけど、今はたいしたことない。鈍感なのかも分からない。何とかして半年以内に戻ってくるつもり」と言い切った。

 食道がんは昨年末の人間ドックで発見された。会見には主治医の岡田正人医師も同席。「本当に早期のもので、粘膜の表面の浅い所にがんが出来ている」と説明。現在は治療を始めるための検査を行っている段階で、今後の治療については来週に出る検査結果を待って決める、とした。

 小澤さんの実兄(79)も15年ほど前に食道がんを患った。「大手術をしたけど、今はピンピンしている。おふくろの姉の子も食道がんだった。原因は分からないけど『なるほどな』と思った。一つだけ言えるのは、人間ドックは大事だということ。私がいい例」と話した。

 活動休止は治療と体力を戻す期間を含めた半年間。02年、日本人として初めて就任したウィーン国立歌劇場の音楽監督は6月で任期満了を迎える。しかし、6月26日の最終公演を指揮しないまま任期を終えることについては「本当は今日はウィーンにいないといけない。最後に出来なかったのは、まったく残念」と無念の表情。「早く治れば指揮する? そういう可能性もある。あんまり言うと先生に怒られるけど」と、一日も早い復帰を思い描いた。一方、ウィーン国立歌劇場のホレンダー支配人は「個人的にも歌劇場にとっても、大変残念なことだ。病状の回復をお祈りする」との談話を発表した。

 復帰のタクトは毎夏、長野・松本で開催され、総監督を務めている「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」を予定。12月から米ニューヨークのカーネギーホールで行われる「ジャパン・フェスティバル」の芸術監督を務めるなど、そのほかにもさまざまな計画を用意しているという。「ちゃんと戻ってくる。それ(松本でのイベント)に合わせて病気になりました」と小澤さんは冗談を交えて語った。

 ◆小澤 征爾(おざわ・せいじ)1935年9月1日、中国生まれ。74歳。桐朋学園創設者の斎藤秀雄氏に学び、フランス留学。59年、ブザンソン国際青年指揮者コンクールで優勝。世界各地の一流交響楽団で指揮を執り、「世界のオザワ」として活躍。73年から29年間、ボストン交響楽団の第13代音楽監督を務めた。00年から若い音楽家の教育を目的に「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」を開始。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


岐阜大など、がん抑制のRestが分化の始まりに関与することを解明 »
« 小澤征爾さん:食道がん治療、活動休止 「ちゃんと戻ります」 会見で冗談も