世界のオザワ 食道がん告白 都内で記者会見

世界のオザワ 食道がん告白 都内で記者会見

世界的指揮者の小沢征爾さん(74)が7日、東京都中央区の東京新阪急ホテルで記者会見し、食道がんの治療のため半年間休養することを明らかにした。昨年末の人間ドックでがんが見つかった。このため15日から予定していたウィーン国立歌劇場のオペラなど、6月末までの国内外の全30公演をキャンセルする。小沢さんは「人間ドックは大事。おすすめ」と繰り返しながら、「ご迷惑をかけますが、半年間で戻ってきます」と早期復帰に意欲満々だった。

 小沢さんは昨年末、毎年恒例にしている聖路加国際病院での人間ドックで食道がんが見つかった。自覚症状などは全くなかったという。同席した同病院の主治医岡田正人医師によると、小沢さんのがんは早期がん。粘膜の表面、ごく浅い個所にある小さなものという。

 小沢さんは現在も検査を続けていて、手術など具体的な治療計画ついては、検査結果を待って来週にも決まる。

 小沢さんは06年に帯状疱疹(ほうしん)で半年間休養したほか、08年には椎間板(ついかんばん)ヘルニアで、昨年6月には鼠径(そけい)ヘルニアで国内外の公演を降板した。

 15日から予定されていた音楽監督を務めるウィーン国立歌劇場のオペラ「フィガロの結婚」の上演を楽しみに、すでに現地入りしているファンもいるという。小沢さんは「お客さんにもウィーンフィルにも申し訳ない」と恐縮した様子でわびた。6月には音楽監督の退任公演も控えていた。プライベートでは、3月に奥志賀でスキーを楽しむ予定も組んでいたと言い、「来年やります」と笑った。

 自らがん公表に踏み切った小沢さんだが、深刻な様子は一切なし。「がんのことはわかんなくって。昔は大変だったけど、今は全然そうじゃないと。僕の79歳の兄貴も同じ病気やっていまピンピンしてるよ。オレも兄貴の伝統をとってるな」などと、トレードマークの白髪の頭をかきながら、終始あっけらかんと話した。

 入院治療、自宅での静養期間も含め、7月には仕事復帰できる見込み。総監督を務める8月の長野での音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」には間に合いそうだという。小沢さんは「先生の言うことをよく聞いて、7月には戻る。それに合わせて病気になったんです」とジョークを飛ばす余裕も見せた。

 今年は12月に米カーネギーホールで開かれるジャパン・フェスティバルの芸術監督の予定もあり、来年までスケジュールがぎっしり詰まっている。

 4年前、帯状疱疹での半年間の休養を「神様がくれた休養」と表現した小沢さん。「今回? 前回、迷惑かけたのにまたやっちゃった。神様が…何て、口が裂けても言えないよ。お客さんやみんなに申し訳なく思ってます」と苦笑した。

◆家族もバックアップ
 小沢さんの長女でエッセイストの小澤征良さん(38)と長男で俳優の小澤征悦(35)は7日、「家族みんなで力を合わせて乗り越えたいと思っています。父の応援、よろしくお願いします」と連名でコメントを出した。

◆24日の番組放送中止
 NHKは7日、今月24日にBSハイビジョンで放送予定だった「小沢征爾 ウィーン最後の挑戦」の中止を決定。20日に公演をウィーンで収録予定だった。6月にウィーン国立歌劇場の音楽監督を退任する小沢さんが、総決算として上演するモーツァルトの「フィガロの結婚」(全4幕)を完全放送する予定だった。なお、同作はハンガリー国立歌劇場のアダム・フィッシャー氏の担当が決まった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小澤征爾さん:食道がん治療、活動休止 NHK、出演番組の放送を中止 »
« 小澤征爾氏 食道がん「半年以内に戻る」