小澤征爾さん:食道がん治療、活動休止 地元、「SKF松本」実施に不安 /長野

小澤征爾さん:食道がん治療、活動休止 地元、「SKF松本」実施に不安 /長野

◇事務所は「予定通り実施」
 楽都・松本市を盛り上げるクラシック音楽の祭典「サイトウ・キネン・フェスティバル(SKF)松本」の総監督を務める指揮者の小澤征爾氏(74)が食道がんであることが7日明らかになり、県内の関係者からは今夏のSKF松本の実施に不安が広がった。小澤氏の事務所は「治療の進み具合にもよるが、本人も意欲を見せておりSKFは予定通り実施する」と話した。

 事務所によると、小澤氏は6月までの国内外の公演をキャンセルし、治療に専念する。昨年末の定期健診で初期の食道がんが見つかったためで、今後、手術の可能性も含めて治療計画を立てるという。

 10年SKF松本は8月10日~9月10日に14公演が行われ、小澤氏はオペラやオーケストラ公演などで指揮をすることになっている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小澤征爾氏 食道がん「半年以内に戻る」 »
« 「乳がんをなくす『ほほえみ基金』」へ寄付