サリドマイドに補助金…多発性骨髄腫の治療薬

サリドマイドに補助金…多発性骨髄腫の治療薬

血液がんの一種、多発性骨髄腫の治療薬・サリドマイドの服用者を対象に、薬の承認・審査を行う「医薬品医療機器総合機構」(東京・霞が関)が今月、薬の使用実態調査を始める。参加者には協力金として1回3万円が支払われるが、実質的には高額な薬剤費への補助で、こうした調査の実施は前例がない。

 サリドマイドは胎児に副作用を引き起こし、1962年に販売停止となったが、海外で多発性骨髄腫への有効性が報告され、2000年頃から患者や医師がメキシコ製の未承認薬などを月2万円ほどで輸入、使用していた。08年10月に国内でも承認されたが、条件として、服用患者全員が製薬会社への登録を義務づけられるなど、厳格な安全管理システムが導入された。

 そのため、1カプセル(100ミリ・グラム)6570円と高価になり、1日1カプセル服用すると3割の自己負担で月約6万円と、保険がきくのに未承認の時よりも高くなった。調査は1~3月の服用者が対象。70歳未満の患者は最大4回、70歳以上は1回のみ参加できる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


緑茶が肺がんリスク軽減も、糖尿病なども予防か-台湾での研究結果 »
« 3年間の『しゃっくり』が止まる!原因は脳腫瘍だった