第19回茨城がん学会

第19回茨城がん学会

茨城県では、県内のがんに関する医療水準の更なる向上と、人材の育成を目的として、平成3年度から茨城がん学会を開催しており、今年で第19回目の開催となります。
 最近では、県内の医師や医療関係者の方々だけでなく、一般の県民の皆様にもご参加をいただいている学会となっております。
 今回は、国立がんセンター中央病院放射線治療部長の伊丹純氏に講演をいただくほか、県内でがん治療に携わる医療関係者による研究成果の発表や、放射線療法の有害事象のケアについてのシンポジウム、緩和ケアの地域連携に関する討論、などのプログラムとなっております。多くの皆様のご参加をお待ちしております。参加は自由となっており、参加費は無料です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アースマラソンに挑戦中の寛平、前立腺がんを告白 »
« がん悪性化の仕組み解明 新薬で治療の可能性も