がん悪化の原理を解明 タンパク質構成物質『Hsp90』が細胞変異促進

がん悪化の原理を解明 タンパク質構成物質『Hsp90』が細胞変異促進

 人間の体内でがんが悪化する過程で、タンパク質の構成分子である「Hsp90」と呼ばれる物質の働きが、がん細胞を活性化させる原因となっていることを群馬大の研究グループが実験で実証した。研究成果は、米国の学術誌の電子版に十五日付(日本時間)で掲載される。

 Hsp90の働きを阻害する薬剤は、すでに抗がん剤として開発されているが、同大は「がん細胞が人間の体をむしばむ基本的な原理が解明できた。新たながん治療法の開発につながる研究成果だ」としている。

 がん細胞は、人間の体内で遺伝子の変異を繰り返しながら活性化することで、抗がん剤や放射線による治療を困難にする。研究グループが、がん細胞を使った培養実験を行った結果、Hsp90が細胞の遺伝子変異にかかわる「DNA複製酵素」の働きを促進させていることを確認した。

 研究に携わった群馬大生体調節研究所の山下孝之教授は「Hsp90の働きを阻害する薬剤は、薬効の面で未知の部分が多い。今回の研究を、がんの悪化を食い止めるための先進的な医療技術に活用していきたい」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


台湾に「動物がん」研究センター、アジア初 »
« 子宮がん予防 ワクチンと検診の両輪で