がん細胞の突然変異 発生メカニズム発見

がん細胞の突然変異 発生メカニズム発見

群馬大の生体調節研究所(前橋市)が、がん細胞の突然変異が起きるメカニズムを発見した。がんの悪性化を抑える新しい方法の開発に役立つと期待されている。研究論文は15日、米国の学術専門誌「Molecular Cell」に掲載される。

 がん細胞は遺伝子が突然変異を繰り返すことで生存能力が高まり、抗がん剤や放射線治療に対して耐性を持つようになる。

 遺伝子を複製するのは「ポリメラーゼ」と呼ばれる酵素だが、最近、誤った遺伝子を複製しやすいポリメラーゼが発見されている。

 同研究所は、こうした酵素の働きを「Hsp90」と呼ばれる分子が進めているメカニズムを解明した。Hsp90の働きを阻害する薬を使うことにより、誤った遺伝子を複製しやすいポリメラーゼの働きを抑えられる可能性があるという。

 研究に携わった山下孝之教授は「これまでのがん治療は細胞そのものの増殖を抑えるものだったが、悪性化を抑える新しい治療もできるかもしれない」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


寛平がん転移していない、徹底検査で判明 »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 闘病の子どもら岡島投手が激励 /東