がん患者の悩み対応 彦根市立病院に支援センター開設

がん患者の悩み対応 彦根市立病院に支援センター開設

彦根市立病院(同市八坂町)に「がん相談支援センター」が開設した。病院の患者に限らず、湖東地域全体のがん患者や家族の悩みに対応する。

 昨年2月、同病院が厚生労働省の「地域がん診療連携拠点」に指定されたことを受け同10月、県内では5カ所目として設立された。常駐のソーシャルワーカーのほか看護師2人が所属し、院内各部門と連携する。

 治療法や薬の不安、緩和ケアについての質問やセカンドオピニオンの頼み方など、さまざまな相談が連日、数件寄せられる。相談者の内訳では患者より家族がやや多いという。

 ソーシャルワーカーの教野仁美さんは「一緒に考え、問題解決のお手伝いをしたい。もっと地域の人に知ってほしい」と話している。

 相談は平日午前8時半~午後5時15分。無料。電話相談も行う。匿名でもよい。予約は原則必要だが、空きがあれば対応する。問い合わせは市立病院=電0749(22)6050=へ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県内で骨髄移植再開 ハートライフ病院 昨年10月以降2例 »
« 河村市長、陽子線がん施設「協力を」 3県知事は慎重姿勢