前立腺がんの間寛平に届くか……ラサール石井がセンター試験受験

前立腺がんの間寛平に届くか……ラサール石井がセンター試験受験

タレントのラサール石井が、16日と17日の2日間に行われた大学入試センター試験を受験したことがわかった。その影には、先日前立腺がんを告白した間寛平の存在があったようだ。
ラサール石井は17日付けの自身のブログで「18、9の若者達に混じって54才のオッサンがセンター試験受けて参りました」と報告。この受験は番組の企画などではなく「全く私のプライベート」だったことも明かした。受験を決意したきっかけは、一昨年に行われた間寛平のアースマラソンの壮行会。「その時にめちゃくちゃ感動した私は、寛平さんが頑張ってる間、自分も何か頑張りたいと思って、思わず手を握って、『俺も大学受験します!』 って言ったんです」「寛平さんは忘れてると思いますけど(笑)」とのことだ。
 
 「日々の忙しさに流され、ほとんど勉強」できず、「ああ、もうやめちゃいたいなんて思いました」というラサール石井だが、先日の間寛平の前立腺ガンのニュースを見て気持ちを新たにしたらしい。「治療しながら走ってる寛平さんみたら、なんかもう恥ずかしく」「今の状態で受けてみて、ひどい点数取って一度打ちのめされてから、来年その点数を少しでも上げてやろうと思いまして」と今年の受験を敢行した。実際に大学受験までこぎつけるのは「5年後ぐらいかも知れません」とのことだが、「でも頑張ります」とその決意を綴っている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者や家族に『支え合いの輪を』 志木で「たんぽぽの会」初会合 »
« 乳がん、子宮頸がんの無料検診期限迫る