テラ:東京ミッドタウンクリニックへ「アイマックスがん治療」の提供発表

テラ:東京ミッドタウンクリニックへ「アイマックスがん治療」の提供発表

3人に1人の割合で樹状細胞ワクチン療法の効果が認められる

  樹状細胞を使ったがんの免疫療法を推進しているテラ <2191>は、14日に前期の1円配当と医療法人社団アドバンストメディスンとの間で、東京ミッドタウンクリニックに対して樹状細胞ワクチン療法を中心とする同社独自のがん治療技術・ノウハウ「アイマックスがん治療」を提供することを内容とする提携契約を同日締結したと発表。

  先々週は1月6日の中日新聞1面で信州大学の3人に1人の割合で樹状細胞ワクチン療法の効果が認められたという発表により、出来高を伴い株価は急騰した。15日の株価は、配当1円の実施と東京ミッドタウンクリニックに「アイマックスがん治療」を提供するという明るいニュースを受けて、前日比32円高の1215円で引けている。前09年12月期業績の発表は2月中旬であるが、今後の業績拡大が期待できることから、出来高を伴い株価は上昇するものと思われる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん、子宮頸がんの無料検診期限迫る »
« 宝HD:難治性白血病の遺伝子変異検査の特許実施権をエスアールエルに供与