牛白血病 拡大防止を/農水省 獣医師会に通知

牛白血病 拡大防止を/農水省 獣医師会に通知

農水省は、届出伝染病の牛白血病の感染予防へ医療行為での衛生管理を徹底するよう日本獣医師会に通知した。同病には治療法がなく、発症すると農家の経済的な損失が大きい。発生頭数はこの十数年間で10倍近くに増えている。同省は「注射針の1頭ごとの交換などが現場で守られていないという声もあった」(動物衛生課)として、感染拡大防止対策の強化を促している。

 牛白血病の感染経路は直接感染で、吸血昆虫の媒介や初乳のほか、医療行為の注射針や直腸検査用手袋の使い回しでも広まる可能性がある。同省はこれまでも家畜防疫対策要綱で、放牧時の検査徹底や、陽性牛と子牛を離して飼育することなどを呼び掛けていた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県立がんセンター死亡医療訴訟:原告の控訴棄却 /宮城 »
« 子宮頸がん:志木市、予防ワクチン接種費用を全額助成 小6~中3対象に /埼玉