子宮頸がん予防ワクチン接種費用、全額補助へ 明石市 

子宮頸がん予防ワクチン接種費用、全額補助へ 明石市 

明石市は21日、若い女性の間で急増している子宮頸(けい)がん予防のため、市内の小学6年~中学3年の女子児童・生徒を対象に2010年度、予防ワクチン接種費用を全額助成すると発表した。子宮頸がんはワクチンで予防できる唯一のがん。自治体による接種費用の全額助成は兵庫県内では初めて。

 子宮頸がんは主に性交渉によって、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」に感染して発症する。国内では年間約1万5千人が発症、約3500人が死亡している。昨年10月に予防ワクチンの接種が国内で解禁されたが、必要とされる3回分の接種費用はすべて自己負担となっている。

 このため、同市は接種率を高める狙いから、予防効果が高い若年層に対する接種費用の公費負担を決めた。対象は約6千人。接種は医療機関で受け、1人当たり約4万5千円(接種3回分)の全額を助成する。

 同市は新年度、対象者の約3割が接種すると見込み、当初予算案に約8千万円を計上する。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


肺がん発見後の禁煙に効果あり、英バーミンガム大調査 »
« 神奈川・厚木のペルー人一家:脳腫瘍長男のみ退去を取り消し--東京地裁判決