神奈川・厚木のペルー人一家:脳腫瘍長男のみ退去を取り消し--東京地裁判決

神奈川・厚木のペルー人一家:脳腫瘍長男のみ退去を取り消し--東京地裁判決

神奈川県厚木市のペルー人一家4人が国を相手に退去強制命令取り消しなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、脳腫瘍(しゅよう)の手術を受けた高校1年の長男(16)のみ命令を取り消し、父母と小学6年の長女の訴えは退けた。杉原則彦裁判長は「ペルーの医療水準は高いとは言えない」と述べた。家族で別の判断が出るのは異例。

 判決によると父母は91~92年に偽造旅券で不法入国。日系人夫婦を装って在留資格を受け、長男、長女が生まれた。母は偽造された外国人登録証を使ったとして07年6月に有罪確定。一家は08年4月、東京入管から退去強制命令を受けた。長男は命令後の09年4月に手術を受けた。判決は長男について「日本で経過観察や治療を続ける必要がある」と判断。「長女は帰国しても環境の変化に順応できる」と指摘した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん予防ワクチン接種費用、全額補助へ 明石市  »
« 拒絶反応ないラット作製 がんやiPS研究に活用