つかこうへい氏が肺がん告白…病院から舞台を指揮

つかこうへい氏が肺がん告白…病院から舞台を指揮

劇作家のつかこうへい氏(61)が25日、肺がんを患っていることを明らかにした。報道各社にFAXを通じて発表した。現在、病院で抗がん剤の投与を受けている。

 FAXによると、つか氏は2月3日に新橋演舞場で初日を迎える黒木メイサ主演の舞台「飛竜伝2010」に向けて、稽古をしており「キャスティング等、全て決まった後の肺癌の告知でございましたので、まことに辛うございました」と報告。

 しかし、演出助手を通じて稽古の様子を撮影したビデオを病院で見て指示を与えており、「昨日今日で、ほぼ完璧なものができあがっております。どうぞお芝居をお楽しみくださいませ」と述べ、舞台は予定通り行う考えを示した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピ(Rain)が脳腫瘍手術のペッカに、回復祈願メッセージ! »
« つかこうへいさん、抗がん剤治療を明かす