つかこうへい氏:肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ

つかこうへい氏:肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ

劇作家のつかこうへい氏(61)が25日、肺がんのため入院していることを公表した。「抗がん剤投与の治療中」という。つか氏作・演出の「飛龍伝 2010ラストプリンセス」は予定通り、2月3日から東京・新橋演舞場で上演される。

 つか氏は、主宰する劇団と業務提携している会社を通し、「毎日けいこのビデオを病院に持ってきてもらい、指示をしておりました」というコメントを出した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「どうぞお芝居をお楽しみください」肺がん公表のつかさんがコメント »
« つかこうへい氏 肺がんを発表