つかこうへい氏、肺がん闘病を公表「まことに辛うございました」

つかこうへい氏、肺がん闘病を公表「まことに辛うございました」

劇作家のつかこうへい氏(61)が25日、ファクスで、肺がんの治療中であることを明らかにした。病院で抗がん剤の投与を受けているという。2月3日に東京・新橋演舞場で開幕する舞台「飛龍伝2010 ラストプリンセス」の演出を務めているが、けいこのさなかに告知を受けた。「キャスティング等、全て決まった後の肺癌の告知でございましたので、まことに辛うございました」と胸のうちを打ち明けた。けいこは、毎日病院でビデオを見て“遠隔演出”。「昨日今日で、ほぼ完璧なものができあがっております。どうぞお芝居をお楽しみくださいませ」と舞台の出来に胸を張った。23日に、今年9月の退団会見を開いた宝塚の雪組トップ娘役の愛原実花は、つか氏の娘。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


つかこうへい氏 肺がんを発表  »
« 越村三郎氏死去(金沢大名誉教授・がん細胞生物学)