つかこうへい氏、肺がん告白…病床から指揮 (1/2ページ)

つかこうへい氏、肺がん告白…病床から指揮 (1/2ページ)

「蒲田行進曲」などで知られる劇作家、つかこうへい氏(61)が25日、肺がんで入院していることを事務所を通じ公表した。演出を手掛ける2月3日開幕の舞台「飛龍伝2010 ラストプリンセス」(東京・新橋演舞場、同21日まで)は予定通り上演。つか氏は抗がん剤投与の治療を受けながら、病院でけいこの指示を出しており、「ほぼ完ぺきなものができあがっている」と渾身の作品を自負した。

北区つかこうへい劇団、業務提携する事務所を通じ、マスコミ各社にファクスを寄せたつか氏は、「『飛龍伝』のキャスティングなど、すべて決まった後の肺がんの告知でございましたので、まことに辛うございました」と苦渋に満ちた心情を綴った。

 つか氏の病気について、興行主の松竹をはじめ、主演女優の黒木メイサ(21)、共演の徳重聡(31)、東幹久(40)らは一切知らされておらず、マスコミへの公表とほぼ同じタイミングで知り、ショックを受けているという。

 「飛龍伝」の出演者が決定したのは昨年の夏。複数の関係者によると、昨年11月に体調に異変を感じたため、病院で検査を受けたところ、肺がんと診断された。その後、通院して抗がん剤治療を受けながら舞台の完成を目指してきたが、同12月9日に都内で行われた製作発表は「風邪による発熱」との理由で欠席していた。

 松竹によると、つか氏は1月6日から始まったけいこでは通常通り、大きな声で俳優たちに同氏独自の“口立て”の演出(けいこ中に頭に浮かんだセリフをその場で覚えさせる)をし、精力的に動いていた。入院したとみられる今月中旬から休みがちになったが、普段元気なつか氏の病気を疑う余地はなかった。同氏はヘビースモーカーで知られたが、現在は禁煙。関係者によると抗がん剤治療の影響で毛髪が抜けることもあったという。

 「飛龍伝」のけいこは、一昨年の「幕末純情伝」で仕事をともにし、つか氏が絶大な信頼を置く演出助手の森和貴氏(35)が引き継いだ。また、病院でけいこのビデオを見て指示をしており「昨日今日でほぼ完ぺきなものができあがっている」(つか氏)と自信。新橋演舞場も「仕上がりは順調。予定通り上演します」と話した。

 つか氏は、初日前日の2月2日に行う公開けいこに顔を出す意欲を見せており、直接、病気と闘病について語る可能性もありそうだ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


つかこうへい氏がん入院も2月復帰目指す »
« がん患者の在宅看護地域の現状など報告