がん患者の在宅看護地域の現状など報告

がん患者の在宅看護地域の現状など報告

がん患者の在宅看護をテーマにしたシンポジウムが四日市市安島のじばさん三重で開かれ、患者の負担軽減につながるという在宅看護の取り組みが紹介された。

 同市を中心とした医療機関でつくる「北勢緩和ケアネットワーク」が、市民向けの講座として開催。同市の開業医は、在宅看護について「病気と共存したり、患者を支えたりする医療」と説明し、がん治療を行う専門病院と連絡を取り合い、往診で患者をサポートしている地域医療の現状を報告した。がん患者や家族が抱える心の悩みの相談に応じている県がん相談支援センター(津市)の活動が紹介されたほか、看護師が「患者に安心感を与える体制を整えていくことが大切だ」と呼びかけた。

 シンポジウムの実行委員長を務めた小西邦彦・県立志摩病院長は「在宅看護の現状をアピールすることができた。医療機関と行政、患者が連携できる仕組みづくりを進めていきたい」と話していた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


つかこうへい氏、肺がん告白…病床から指揮 (1/2ページ) »
« 島津製作所(7701) 乳がん早期発見のマンモPET。(バークレイズキャピタル証券)