つかこうへい氏が肺がん公表、病院から舞台指示

つかこうへい氏が肺がん公表、病院から舞台指示

劇作家のつかこうへい氏(61)が25日、肺がんを患っていることを公表した。現在、病院で抗がん剤などを使いながら治療中。来月3日に開幕する原作・演出の舞台「飛龍伝2010 ラストプリンセス」(東京・新橋演舞場)は、毎日稽古のビデオを病院に運んでもらって指示を出しており、予定通り上演される。

 つか氏は、業務提携している事務所を通じてコメントを発表した。

 「“飛龍伝”のキャスティング等、全(すべ)て決まった後の肺癌(がん)の告知でございましたので、辛(つろ)うございました」と報告。昨年11月ごろからは毎日、演出助手を通じて稽古の様子を撮影したビデオを病院に運んでもらい、指示を出していたという。

 公演に関しては「ほぼ完璧(ぺき)なものができあがっております。どうぞお芝居をお楽しみください」と、2月3日に初日を迎える公演の成功に意欲満々。同2日には「飛龍伝」の公開稽古が行われる予定になっている。

 つか氏は昨秋ごろから体調がすぐれず、昨年12月9日に都内で開かれた「飛龍伝」の製作発表は「発熱のため」として欠席していた。

 かつてはヘビースモーカーだったが、最近は糖尿病の治療もあって禁煙していた。長年にわたって糖尿病を患っていることもあり、周囲は体調の変化に細心の注意を払っている。

 つか氏は独特の演出方法で知られ、つか氏の口から出るセリフを役者が繰り返す「口立て」で芝居を作っていく。このため、稽古を重ねながらセリフや演出が日々変わっていき、本番に入ってからも観客の反応などを見ながらセリフや演出を変えていく。厳しい指導で知られ、門下生から風間杜夫(60)平田満(56)小西真奈美(31)らを輩出している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


阪大、ES・iPS細胞で体内時計を再現-がん化の基準確立へ »
« つかこうへい氏、肺がん…病床からビデオで演技指導