遺伝子改変し研究用ラット がんやiPS研究に活用

遺伝子改変し研究用ラット がんやiPS研究に活用

がんや新型万能細胞(iPS細胞)、薬剤開発などの研究へ活用が期待されるラットを、遺伝子を改変して作製することに、京都大の真下知士特定准教授らのグループが成功した。

 このラットは先天性免疫疾患の「X連鎖重症複合免疫不全症」の症状を示し、人の細胞やがん細胞を移植、増殖させても拒絶反応を起こさない。

 マウスでは同様の性質を持つものがあるが、体の大きさがマウスの約10倍あるラットで作製に成功したことで、より幅広い実験や試験を実施するのに有用という。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大塚製薬 扶桑薬品からがんワクチンの製造販売サブライセンス »
« がん細胞の流動化現象確認 東北大教授ら研究チーム