がん細胞の流動化現象確認 東北大教授ら研究チーム

がん細胞の流動化現象確認 東北大教授ら研究チーム

がんが体内で転移する際に、がん細胞の表面のタンパク質が激しく動いて流動化する現象を、大内憲明東北大教授(ナノ医科学)らの研究チームがマウスの実験で発見した。生体のがん細胞でこのような現象が確認されたのは初めて。がんの悪性度診断や抗がん剤開発に役立つという。

 チームは、がん細胞の表面のタンパク質にくっつく蛍光物質を作り、がんのマウスに注射。顕微鏡などを組み合わせた装置を開発し、タンパク質を観察した。

 その結果、血管から離れた場所にある転移しにくいがん細胞では、表面のタンパク質はゆっくりとしか動いていなかった。一方、転移中の細胞では1000倍以上も激しく動き、表面が流動化していることが分かった。

 チームは、タンパク質が流動することで、細胞の周囲に存在し、転移を活性化させる分子との反応が進み、転移が効率的に進行するとみている。

 チームが開発した装置は、生体内のタンパク質の動きを、従来の約100倍の数ナノ(1ナノは10億分の1)メートルという世界最高の精度で観察できる。大内教授は「より細かく動きを観察することで、がんの仕組みを解明し、新しい抗がん剤開発につなげたい」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


遺伝子改変し研究用ラット がんやiPS研究に活用 »
« 患者らへ配慮 随所に 船橋市立医療センター『緩和ケア病棟』がオープン