もしも妻が「がん」になったら!? そのとき夫はどうすればよいのか

もしも妻が「がん」になったら!? そのとき夫はどうすればよいのか

妻が乳がんに。手術など一連の治療が終わるも
再発の恐怖から眠れぬ夜を夫婦で過ごすIさん(48歳)

突然の電話で告げられた
「妻のがん」
 都内設計事務所に勤めるIさんに、忘れられない電話がかかってきたのは1年前の会議中だった。

 Iさんの妻は昨年の人間ドックで、婦人科検査のオプションをつけた。そこで医師から、「マンモグラフィーとエコーで右の乳房に気になるところが見つかったので、再検査をしてください」と告げられた。乳腺外科のある病院の紹介状を手渡すときに、「今日紹介先の先生に連絡しておくから、くれぐれも急いで」何度も念を押された。

 そしてその朝、妻から「今日が再検査の日なの。病院に行ってくる」と聞かされた。そのときから、心がざわざわしていたが、予感が本当になってしまった。

 廊下に出て携帯に耳をあてると、落ち着いた妻の声がする。「多分乳がんらしいの。詳しい結果はまだだけど、多分手術をすると思う」。と聞かされた。自分でも「そうなんだ」という声を出しながら、予想以上にうろたえた。

 結婚して20年。デパートの管理職として働く妻の寝込んだ姿を見たことがない。40歳を超えたあたりから疲れた顔を見せていたが、元来、性格が楽天的でおおらか。ストレスもたまりにくいのか、職場の愚痴をたまに言う程度でいつも元気で笑顔だった。

 30代半ばまで、不妊治療もしたが、結局子供には恵まれなかった。しかし夫婦仲はよく、休みの日はよくドライブにでかけた。2人で仕事を続けながら、そろそろ老後のことを考えたいと思っていた矢先のことだった。

予想以上のショック
毎晩、夜中に目覚めてしまう
 Iさんの母親は15年前に乳がんの手術をした。その時は無事治療が終わったように見えたが、1年後の検診でリンパに転移が見つかった。それからあっけなく逝ってしまった

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん緩和ケア支援センターを開設 »
« 抗がん剤「ジェムザール」、乳がんにも適応拡大 厚労省