北播磨初、乳がん患者の会発足 西脇病院を拠点に

北播磨初、乳がん患者の会発足 西脇病院を拠点に

西脇市立西脇病院(下戸田)を拠点とする乳がん患者の会「はなみずきの会」が30日、発足する。隔月1回、患者らが交流、病気や治療などについての情報を交換し、リハビリなどを学ぶ。乳がん患者会の設立は北播磨の市立病院では初めて。

 乳がんは、病気の進行が比較的緩やかで、手術の後、長期的に再発予防の薬物療法を行うのが一般的。そのため、副作用に悩んだり、治療中に不安になったりする患者も少なくないという。

 西脇病院は、北播磨では唯一の「地域がん診療連携拠点病院」で、手術のほか、化学療法や放射線療法なども行っている。多くの患者が訪れ、交流の場を求める声も強かったという。

 会は、患者やその家族が対象で、西脇病院以外の医療機関で治療を受けている人でも参加できる。今後、奇数月の最終土曜日に集まり、メンバー間で交流しリンパマッサージを学ぶ。

 30日は午後2時から同病院リハビリ室で発足式を兼ねた会合を開き、理学療法士によるリハビリ体操などを通し、交流を深める。当日参加も可能。

 西脇病院の担当者は「病気や治療について学び励ましあうことで大きな力になる。ともに歩んでいきませんか」と呼びかけ、メンバーを募集している。

 会費は3年間で2000円。同病院地域医療連携室相談支援センターTEL0795・22・8270

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


リアーナ、応援していた白血病の少女が死去 »
« 歌手イ・ナムイ、肺がんで別世