歌手イ・ナムイ、肺がんで別世

歌手イ・ナムイ、肺がんで別世

80年代ヒット曲『泣きたい』で有名な勢いに乗った歌手イ・ナムイが29日午後2時14分、翰林大学校医療院春川ソンシム病院で肺がんで死亡した。享年62歳。

故人は11月末病院を訪ねて肺がんの診断を受け、2ヶ月あまりの闘病生活のあげく結局この日の午後人生を締めくくった。イ・ナムイは1974年グループ‘シン・ジュンヒョンと小銭たち’のベーシストとしてデビューし、愛と平和のメンバーとして活躍した。特に1980年代はヒット曲『泣きたい』を発表して人気を得、以後放送芸能番組に顔を出しながらスターダムに上がった。

1992年までソロアルバム3枚を出したイ・ナムイは、95年ベストアルバムを最後に歌謡界を去った。以後2001年小説家イ・ウェスが後援するバンド‘おかもちプロジェクト’を結成したものと知られた。

イ・ナムイは闘病生活の前までも春川と安養刑務所で服役者たちを相手に詩の創作授業をしてきたほど旺盛な活動を繰り広げ、周辺の切なさを加えている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


北播磨初、乳がん患者の会発足 西脇病院を拠点に »
« 県立がんセンター:乳がん誤診訴訟 県が被害女性と和解へ 300万円支払い /新潟