肺がん告白つか氏、病床からメイサを挑発

肺がん告白つか氏、病床からメイサを挑発

肺がんを公表した劇作家、つかこうへい氏(61)が演出する舞台「飛龍伝 2010ラストプリンセス」(3~21日)の最終けいこが2日、東京・新橋演舞場で行われ、主演女優、黒木メイサ(21)、俳優、徳重聡(31)らが会見した。この日の復帰を目指していたつか氏は入院中で姿を見せず。メイサは病と闘う師匠に「もうやるのみです!」と舞台の成功を誓った。

 最終けいこに出席しなかったつか氏は文書でコメントを発表。メイサについて「なんにも心配しておりません。(故郷の)明るい沖縄の浜辺で楽しく子供たちに囲まれて遊んでいるメイサの方が幸せだったのかと、寂しくなったりしました」と負けず嫌いのメイサをわざと挑発。メイサは「私が反発してやってやろう、と思うのが分かっている」と笑った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


井上隆さん(58)=行橋市 がんと闘い海外登山 /福岡 »
« 黒木メイサ「心からやる」…がん闘病中つか氏に届け