新刊:暮らし・教育 『がん治療 体にやさしい医療への潮流』=江川滉二・著

新刊:暮らし・教育 『がん治療 体にやさしい医療への潮流』=江川滉二・著

副作用を伴う抗がん剤治療に悩む患者を座視できない--基礎医学から、がん臨床家に進んだ著者が、そのライフワーク「免疫細胞治療」を分かりやすく解説する。手術・放射線・抗がん剤の3大治療につぐ第4の選択肢ともいわれる。「苦しませない、再発させない、転移を抑える」、生活の質を高く保ちながら、がんと共生する新治療法とは?(河出書房新社・1575円)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/42 現代人の時間感覚 »
« 室蘭地方でも子宮頚がん予防ワクチン接種始まる