白血病再発の仕組み解明、金沢大 新治療法開発へ

白血病再発の仕組み解明、金沢大 新治療法開発へ

慢性骨髄性白血病が治療薬の効果を妨げ、再発する仕組みを、金沢大がん研究所の平尾敦教授らが解明し、4日付英科学誌ネイチャーに発表した。特効薬の効果を向上させる新たな治療法の開発につながる可能性があるという。

 慢性骨髄性白血病は、がん化した白血球が異常増殖する病気。治療薬としてメシル酸イマチニブ(商品名グリベック)が広く使われるが、白血病細胞のもとを完全には排除できず、一部の患者で投薬中止後に再発することが課題となっていた。

 平尾教授らは白血病細胞を生み出す「幹細胞」をマウスの実験で分析。「FOXO」という遺伝子が活性化して白血病細胞の産出を促し、グリベックの効果を弱めていることを突き止めた。

 さらに、FOXOの活性化には「TGFベータ」と呼ばれるタンパク質が関与していることも判明。このタンパク質の働きを阻害しグリベックを投与したところ、グリベックだけのときに比べ、90日目の生存率が約34%高かったという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


第19回茨城がん学会を開催 »
« 慢性骨髄性白血病進行抑制の抗がん剤、厚労省が公的助成を検討へ